ソチオリンピックのメダルデザインは浅田真央も高梨沙羅選手も金が似合う

ソチオリンピックのメダルデザインは浅田真央も高梨沙羅選手も金が似合う

ソチオリンピックのメダルデザインについて
メダル狙える日本選手に聞いて見たい。

デザインはロシア伝統の柄ですが好きですか?


ソチオリンピック 金メダル レプリカ



ソチオリンピック 間もなく開催です;

金メダルを狙える日本選手が多いのもT
Vでオリンピックを見る楽しみがまします。

今回のソチオリンピックのメダルのデザインですが、
いままでの金一色、銀一色などとは違いますね。
ギザギザの縁で文様が印刷されているような柄。

これはロシア伝統のモザイク柄だそうです。

2月7日開催から23日までの間に授与されるメダルは
98セット用意されているということ。

日本に金メダルが多く取れることを期待したいです。
金メダルにもっとも近い選手として、


フィギュアスケート ソチ・オリンピック観戦ガイド (ワールド・フィギュアスケート別冊)



フィギュアスケートの浅田真央選手。
この大会で選手を引退するとの発表。

辛いことや悲しいことがいっぱいあったけど
全力を出し切っていい演技を期待します。


ジャンプ競技の高梨沙羅選手
これからも期待できるし、一番金メダルに
近いんじゃないでしょうか。

若いから失敗をおそれぬ
イケイケパワーに圧倒されますね。


男子では
フィギアスケートの羽生結弦選手。
日本選手権では、非公式であるけど世界最高点を出した
調子は絶好調のようです。

フィギア王者のパトリック・チャンとも
五分五分で戦える実力が備わったようですね。
美男子だし、ファンの応援に後押しされて
ぜひ金メダル取ってね。


男子フィギュアスケートで表現力では
最高の演技をする高橋大輔選手。

右足負傷の影響で国内予選では良い特典は取れなかったけど、
オリンピック出場の経験は豊富。
怪我克服でベストを尽くしてほしいです。

金メダルにもっとも近い選手ですが、
スキージャンプの葛西選手も史上最年長でオリンピックに出場です。

金メダルは一度も手にしたことはない
葛西選手には金以外にも副賞の隕石メダルを獲れるチャンスがあります。

2月15日はロシアに隕石が落ちた日。
これを記念して2月15日限定で副賞として
隕石メダルがもらえるそうです。

ちょうどこの日はスキージャンプのラージヒルが
行われる予定です。
葛西選手、2個のメダルを狙ってくださいね!



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください