オルフェーヴルが有馬記念で引退 ラストランの結果は?

オルフェーヴルが有馬記念で引退 ラストランの結果は?

3冠馬のオルフェーヴルは惜しまれつつ
12月22日の中山競馬場で行われる有馬記念で引退ですね。

デビューの時から国内の全レースで騎乗の
池添謙一騎手(34)もこれが最後の騎乗。


オルフェーヴル&ブエナビスタてぬぐい



有馬記念では歴代の名馬も
このレースを最後に引退しています。

オグリキャップはこの有馬記念の前は
不振が続いてましたが
最後となるこのレースは勝利で飾った。


平成18年の有馬記念では、無敗の三冠馬
ディープインパクトも圧倒的な強さで
自分のラストランに華を添えた。


ラストランのビクトリーゴールは見事。
今見返しても感動的です!

名馬の引き際は美しい、


オルフェ―ヴルの有馬記念の引退レースも
後世に残る名レースとしてほしい。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください