半沢直樹の父(鶴瓶)は生きていた。自殺したのは別人?

半沢直樹の父(鶴瓶)は生きていた。自殺したのは別人?

半沢直樹の父(鶴瓶)は生きていた。

自殺したのは別人、だれ?

半沢直樹のドラマでの回想シーンで父(鶴瓶)が
銀行からの融資の貸し渋りで自殺。


半沢直樹の父(鶴瓶)と大和田常務

融資の貸し渋りをしたのは大和田常務(香川照之)だった。

大和田常務へ父親の復讐の為
東京中央銀行の銀行員となったはずだが、

父親(鶴瓶)は生きている。

では、自殺したのはだれ?


これは、
半沢直樹の原作との違いで父親(鶴瓶)は死んでないんです。
自殺もしてないんです。

それが原作から離れてドラマになり、
脚本を書いてるうちに

原作から違うけど自殺することにしたそうです。


そのほうが半沢直樹の強い意志が、
視聴者に伝わるということで
急きょ死んでもらったそうです。


脚本が自殺するパターンから違ったら鶴瓶は
伊勢島社長役の息子の駿河太郎と
親子共演できる場面があったかもです。


>>>≪楽天市場で見る≫半沢直樹 グッズ 一覧
>>>≪アマゾンで見る≫半沢直樹 関連本一覧
>>>≪Yahooショッピングで見る≫半沢直樹 グッズ一覧




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください